昔と今の写真撮影事情を知り尽くせ~写真撮影の価値と歴史~

カメラを持つ女性

New Posts

前撮りのアレコレ

普段の生活の中で和装することなどほとんどありませんので、和装する機会があった時はその姿を写真に残しておきたいと考える人が多いです。和装する機会としては成人式がありますが、写真館で写真を撮影する方もいます。

ヨガやダンスの教室を開きたいとお考えの方、オススメの貸しスタジオが東京にありますので、一度こちらのサイトをご覧ください!

詳しく見る

スタジオを利用する

ダンスやピアノ、稽古などのレッスンを行なう際は広いスペースが必要となります。その際利用することが出来るものに貸しスタジオが挙げられ、利用するスタジオによって料金は異なるので予め確認しておくと良いでしょう。

詳しく見る

和装の撮影

七五三や子供の祝い事だけでなく、色んなことで和装を撮影することが多くなっています。和装の撮影をするときには準備についての知識を備えておくとスムーズに行うことが出来ます。

詳しく見る

傾向と歴史を見ていく

クオリティが高い七五三の写真を撮影できるのがこちらです。技術力と豊富な経験があるので、満足できる仕上がりになりますよ。

想い出を写真に残すことができます。結婚写真を大阪で撮影するならここへ。ロケ撮影にも対応していますよ。

現在の傾向について考える

写真館は昔から人生の節目に足を運び写真を撮るという事が定着している。 自分で簡単に写真が撮れるようになった今も変わらない。子供の誕生・百日・七五三・入園・入学・卒業・成人、結婚・・・人々は人生の記録として節目に写真館で撮影をしてきた。 写真館での撮影は金額的には決して安くはない。 安くても数千円から万単位の金額がかかるのは通常であろう。 それでもプロのカメラマンに撮ってもらう写真には価値がある。 いつの時代になって写真館はトレンドを取り入れながら 存在していくであろう。

写真館の歴史について

写真館の歴史は明治の頃にさかのぼると思われる。 もちろんその頃は個人でカメラを持っているはずもなく 写真を撮るには写真館で撮るのが通常であった。 今も明治の頃の古い写真を見ることがある。 人物の写真、何かの集合写真、建物の写真。 当時の人も、その時の記録をのちに伝えようと思い それを写真に託したのかもしれない。 写真館の歴史はカメラの歴史とも、大きな関わりである。 今はデジタルカメラが全盛だが、さかのぼると 35mmカメラ、二眼レフカメラ、一眼レフカメラ、ポラロイドカメラなど・・ 一昔前には、大ヒットになった「写ルンです」などを覚えている方は 多いであろう。 いつの時代にも写真を撮りたいという人々の気持ちを 叶えるようなカメラ・写真館の進化が進んでいる。

New Posts

七五三を残す

七五三は子供が無事育った事をその年齢で祝うとても大切な行事であり、 江戸時代から長く続くおごそかなイベントでもあります。七五三の際には写真撮影することが一般的です。

詳しく見る